初心者ガイド

横浜ベイエリアで、ボートレースを楽しむためのレジャー施設が、『ボートピア横浜(場外舟券発売場)』だ。
最近、若いファンの来場もふえていると言われるその人気の秘密は、①「ボートレース」という競技は、出走するのは全部で6艇。つまり1着を当てる確率は、1/6と公営競技の中で最も高確率。②競技のルールも舟券の買い方もかなりシンプル。③館内は完全分煙。快適な大人の空間であること。それでは、基本ルールをマスターして水上の格闘技・ボートレースを体験してみよう。

ボートレースは、6艇で競われる競技で、公営競技のなかでは最も少ない出走数だ。
そのため着順を的中させることができる確率は、公営競技のなかで最も高いといえる。
 
 
 
レースに出場するボートは常に6艇で、それぞれのボートには、あらかじめ番号(艇番)と色がセットで決められている。
ボートレースは、スタートラインを通過後、第1ターンマークと第2ターンマークを順番に左旋回し、1周600mのレースコースを3周(1,800m)して、入着順位を決める競技。
ボートレースのスタートは、陸上競技のように「よーいドン」というスタートとは違い、決められた時間(1秒間)内にしかも走りながら、決められたスタートライン上を通過するという「フライングスタート方式」が採用されている。
ボートレースは、スタートラインを他艇より早く通過すれば、有利と言われているが、大時計が0秒を示す前に通過してしまうと「フライング(F)」、1秒以上も遅れて通過すると「出遅れ(L)」となり、その舟は欠場扱いとなる。
※ 欠場艇に関する舟券は、全て払戻し(返還)される。
ピットに待機していた6艇がファンファーレとともに一斉に全速状態で飛び出していく。これがピットアウトだ。次に、有利なコースを狙って低速状態の中、静かな駆け引きが行われるのだが、これが待機行動。いよいよコースが確定すると、全艇は規定のスタート時間(1秒間)に合わせるべく各自スタートラインに向かって加速し、本格的にレースが始まる。
ボートピアで発売する舟券の種類は、全部で5種類。どの券も100円から購入することができる。
では、実際のレースで④番、③番、①番の順番でゴールインした場合の的中舟券を種類ごとに説明しよう。
マークシートは、2種類あり、買い方に合わせた記入が可能である。ここではその記入方法を具体的に説明しよう。
開催場
  平和島の下の欄を備え付けの鉛筆で塗りつぶす。
式別 3連単の下の欄を鉛筆で塗りつぶす。
レース 数字の「12」を塗りつぶす。
1着・2着・3着 1着欄の「4」、2着欄の「3」、
  3着欄の「1」を塗りつぶす。
金額 数字の「3」を塗りつぶす。
単位 単位の下にある「百」を塗りつぶす。
取消 購入を取り消したい時は「0」を塗りつぶす。
例えば購入金額で「300円分」ではなく、「900円分買いたい」という場合は、5と4を塗りつぶし、単位を百円とすればいい。(5と3と1を塗りつぶすことでもOK)
どこか1つの着順枠を1つだけ選択し、残り2つの着順枠では、何点でも選択できる購入法
(平和島・10レース/ながし 1着「4」、2着「1」「3」、3着「全通り」を各500円分購入する場合)
※ 全8通りとなり、総額4,000円
開催場 平和島の下の欄を備え付けの
  鉛筆で塗りつぶす。
式 別 3連単の下の欄を塗りつぶす。
レース 数字の「10」を塗りつぶす。
1着・2着・3着 1着欄の「4」、2着欄の「1」「3」
  を塗りつぶす。3着欄の「全通り」を塗りつぶす。
金 額 数字の「5」を塗りつぶす。
単 位 単位の下にある「百」を塗りつぶす。
選んだ艇番の全ての組み合わせを購入する方法。
(平和島・8レース/ボックス 「1」、「3」「4」、
「5」を各600円分購入の場合)
※ 全24通りとなり、総額14,400円
 
開催場 平和島の下の欄を備え付けの  
  鉛筆で塗りつぶす。
式 別 3連単の下の欄を塗りつぶす。
レース 数字の「8」を塗りつぶす。
艇 番 艇番欄の下にある数字の「1」「3」
      「4」「5」を塗りつぶす。
金 額 数字の「1」「5」を塗りつぶす。
単 位 単位の下にある「百」を塗りつぶす。
オッズとは、自分の買った舟券が的中した場合に支払われる 払戻金に関する配当倍率のことである。
この賭式・2連単のオッズ画面で説明すると、たとえば、1着「1」、2着「5」のオッズは「50.0」、つまり50.0倍を示しており、この①→⑤の舟券を100円購入して的中すると、5,000円が払戻されることになる。
■お問い合せ先
〒231-0027 横浜市中区扇町3-7-1
TEL 045-227-1173

(C)2007- ボートピア横浜. All Rights Reserved.